ホーム > 61番~70番, さ行の作者 > 周防内侍(すおうのないし)


周防内侍(すおうのないし)

周防内侍(すおうのないし)の画像

小倉百人一首 067番

(上)
春の夜の 夢ばかりなる 手枕に

(下)
かひなく立たむ 名こそ惜しけれ

▼音声

読み
はるのよの ゆめばかりなる たまくらに
かいなくたたん なこそおしけれ


現代語訳

春の夜のように、短い時の腕枕のせいで、二人の仲を怪しむような噂が流れてしまったら、とても悔しく思いませんか?

解釈

安易な戯れを拒む歌


作者とプロフィール

名前:周防内侍(すおうのないし)
性別:女性
生没年:不詳
平棟仲の子で、名前は平棟子といい、病気の為出家しました。
「栄華物語」末巻の作者ではないかといわれていますが、詳しいことはわかっていません。

雑学・豆知識

皆で夜語りをしていた際に、枕が欲しいと言った周防内侍に、藤原忠家が腕枕をしてあげようかと言ってきた際、断りの歌として詠んだ歌です。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

大江千里(おおえのちさと)

(上)
月見れば ちぢにものこそ 悲しけれ

(下)
わが身一つの 秋にはあらねど

平兼盛(たいらのかねもり)

(上)
しのぶれど 色に出でにけり わが恋は

(下)
ものや思うと 人の問うまで

紀友則(きのとものり)

(上)
ひさかたの 光のどけき 春の日に

(下)
静心なく 花の散るらむ

西行法師(さいぎょうほうし)

(上)
嘆けとて 月やは物を 思はする

(下)
かこち顔なる わが涙かな

紫式部(むらさきしきぶ)

(上)
めぐりあひて 見しやそれとも 分かぬまに

(下)
雲がくれにし 夜半の月かな

源重之(みなもとのしげゆき)

(上)
風をいたみ 岩うつ波の おのれのみ

(下)
くだけてものを 思うころかな