ホーム > 61番~70番, な行の作者 > 能因法師(のういんほうし)


能因法師(のういんほうし)

能因法師(のういんほうし)の画像

小倉百人一首 069番

(上)
あらし吹く み室の山の もみぢ葉は

(下)
竜田の川の 錦なりけり

▼音声

読み
あらしふく みむろのやまの もみじばは
たつたのかわの にしきなりけり


現代語訳

嵐吹く、三室の山の紅葉の葉が、竜田川一面に散り浮かび、まるで錦織のような光景でしたよ。

解釈

竜田川に浮かぶ美しい紅葉の葉を詠う秋の歌


作者とプロフィール

名前:能因法師(のういんほうし)
性別:男
生没年:988~?年
橘元愷の子で、名前は橘永愷といいます。
恋人が死んだために、30歳で出家しました。
家で歌を詠むのは風情がないと考え、居留守を使って庭で日焼けをし、歌を披露したと伝えられています。

雑学・豆知識

60年ぶりに開催された1049年11月9日の内裏歌合において、「紅葉」の題で詠まれた歌です。
実際の竜田川では、紅葉が浮かぶことはないそうです。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

伊勢大輔(いせのたいふ)

(上)
いにしへの 奈良の都の 八重桜

(下)
けふ九重に にほひぬるかな

文屋朝康(ふんやのあさやす)

(上)
白露に 風の吹きしく 秋の野は

(下)
つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける

権中納言敦忠(ごんちゅうなごんあつただ)

(上)
逢いみての のちの心にくらぶれば

(下)
昔はものを 思わざりけり

紀友則(きのとものり)

(上)
ひさかたの 光のどけき 春の日に

(下)
静心なく 花の散るらむ

参議篁(さんぎたかむら)

(上)
わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと

(下)
人には告げよ 海人のつり舟

三条院(さんじょうのいん)

(上)
心にも あらでうき世に ながらへば

(下)
恋しかるべき 夜半の月かな