ホーム > 61番~70番, ら行の作者 > 良暹法師(りょうぜんほうし)


良暹法師(りょうぜんほうし)

良暹法師(りょうぜんほうし)の画像

小倉百人一首 070番

(上)
さびしさに 宿をたち出でて ながむれば

(下)
いづこも同じ 秋の夕暮れ

▼音声

読み
さびしさに やどをたちいでて ながむれば
いずこもおなじ あきのゆうぐれ


現代語訳

寂しく感じて宿の外に出てみたけれど、どこを見ても同じ秋の夕暮れでした。

解釈

秋の夕暮れの寂しさを詠った歌


作者とプロフィール

名前:良暹法師(りょうぜんほうし)
性別:男性
生没年:不詳
出生や生没年、経歴など、詳しいことが不明な人物で、68歳頃に亡くなったのではないかといわれています。
歌も独学で学んだのではないかと言われているようです。

雑学・豆知識

歌の中の「宿」とは、現在の宿とは違い、自分の家や我が家の事を指します。
逆に、現在でいうところの「宿」を指すときは、旅篭などと呼ばれていました。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

参議等(さんぎひとし)

(上)
浅茅生の 小野の篠原 しのぶれど

(下)
あまりてなどか 人の恋しき

元良親王(もとよししんのう)

(上)
わびぬれば 今はたおなじ 難波なる

(下)
みをつくしても 逢はむとぞ思ふ

源兼昌(みなもとのかねまさ)

(上)
淡路島 かよふ千鳥の 鳴く声に

(下)
幾夜ねざめぬ 須磨の関守

皇嘉門院別当(こうかもんいんのべっとう)

(上)
難波江の 葦のかりねの ひとよゆゑ

(下)
みをつくしてや 恋ひわたるべき

柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)

(上)
あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の

(下)
ながながし夜を ひとりかも寝む

中納言家持(ちゅうなごんやかもち)

(上)かささぎの わたせる橋に おく霜の

(下)しろきを見れば 夜ぞふけにける