ホーム > 71番~80番, た行の作者 > 大納言経信(だいなごんつねのぶ)


大納言経信(だいなごんつねのぶ)

大納言経信(だいなごんつねのぶ)の画像

小倉百人一首 071番

(上)
夕されば 門田の稲葉 おとづれて

(下)
葦のまろやに 秋風ぞ吹く

▼音声

読み
ゆうされば かどたのいなば おとずれて
あしのまろやに あきかぜぞふく


現代語訳

夕暮れ時になると、門前にある稲葉が音をたてる。
芦ぶきの田舎家にも、秋風がさわやか吹き渡っているよ。

解釈

夕方と秋の訪れを思わす風の歌


作者とプロフィール

名前:大納言経信(だいなごんつねのぶ)
性別:男性
生没年:1016~1097年
民部卿源道方の子で、名前は藤原経信といいます。
漢詩・和歌・管絃・蹴鞠・有識故事など多数に渡って才能があり、特に琵琶に対しては桂流の祖とされるまでとなりました。

雑学・豆知識

京都府右京区の梅津の山里に源師賢の別荘があったので、そこに皆で訪れた際、秋の農村風景を題にして詠んだ歌です。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

左京大夫道雅(さきょうだいぶみちまさ)

(上)
今はただ 思ひ絶えなむ とばかりを

(下)
人づてならで 言ふよしもがな

式子内親王(しょくしないしんのう)

(上)
玉のをよ たえなばたえね ながらへば

(下)
忍ぶることの 弱りもぞする

道因法師(どういんほうし)

(上)
思ひわび さてもいのちは あるものを

(下)
憂きにたへぬは 涙なりけり

清原元輔(きよはらのもとすけ)

(上)
契りきな かたみに袖を しぼりつつ

(下)
末の松山 波越さじとは

待賢門院堀川(たいけんもんいんのほりかわ)

(上)
長からむ 心も知らず 黒髪の

(下)
乱れてけさは 物をこそ思へ

皇太后宮大夫俊成(こうたいごうぐうのだいぶしゅんぜい)

(上)
世の中よ 道こそなけれ 思ひける

(下)
山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる