ホーム > 71番~80番, ま行の作者 > 源俊頼朝臣(みなもとのとしよりのあそん)


源俊頼朝臣(みなもとのとしよりのあそん)

源俊頼朝臣(みなもとのとしよりのあそん)の画像

小倉百人一首 074番

(上)
憂かりける 人を初瀬の 山おろしよ

(下)
はげしかれとは 祈らぬものを

▼音声

読み
うかりける ひとをはつせの やまおろしよ
はげしかれとは いのらぬものを


現代語訳

つれない人が振り向いてくれるように願いを掛けたはずなのに、山から吹き降ろしてくる風のように冷たくなるばかりです。
そんな風になれと、願ってはいないのに。

解釈

冷たい人に願掛けをしたけれど叶わなかった歌


作者とプロフィール

名前:源俊頼朝臣(みなもとのとしよりのあそん)
性別:男性
生没年:1055~1129年
源経信の子にあたり、当時の歌の世界で新風を巻き起こしたと言われる人物です。
「金葉秀」の撰集も行いました。

雑学・豆知識

権中納言俊忠の家で、「祈れど不逢恋といへる心」を題にして詠われた歌です。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

後京極摂政前太政大臣(ごきょうごくせっしょうさきのだいじょうだいじん)

(上)
きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに

(下)
衣かたしき ひとりかも寝む

大江千里(おおえのちさと)

(上)
月見れば ちぢにものこそ 悲しけれ

(下)
わが身一つの 秋にはあらねど

大弐三位(だいにのさんみ)

(上)
ありま山 ゐなの笹原 風吹けば

(下)
いでそよ人を 忘れやはする

権中納言敦忠(ごんちゅうなごんあつただ)

(上)
逢いみての のちの心にくらぶれば

(下)
昔はものを 思わざりけり

参議等(さんぎひとし)

(上)
浅茅生の 小野の篠原 しのぶれど

(下)
あまりてなどか 人の恋しき

在原業平朝臣(ありわらのなりひらのあそん)

(上)
ちはやぶる 神代もきかず 竜田川

(下)
からくれなゐに 水くくるとは