ホーム > 71番~80番, は行の作者 > 藤原基俊(ふじわらのもととし)


藤原基俊(ふじわらのもととし)

藤原基俊(ふじわらのもととし)の画像

小倉百人一首 075番

(上)
契りおきし させもが露を いのちにて

(下)
あはれ今年の 秋もいぬめり

▼音声

読み
ちぎりおきし させもがつゆを いのちにて
あわれことしの あきもいぬめり


現代語訳

「任せておきなさい」という、恵みの露のような貴方の約束を頼りに待ち続けていましたが、ああ、今年の秋もむなしく過ぎ去っていくようです。

解釈

約束が果たされなかった事を悲しむ歌


作者とプロフィール

名前:藤原基俊(ふじわらのもととし)
性別:男性
生没年:1060~1141年
右大臣藤原俊家の子で、名門の生まれですが、昇進には恵まれませんでした。
歌の才能も持っていましたが、人格のせいであまり評価されなかったようです。

雑学・豆知識

出家している息子を出世させようと働きかけ、約束までこぎつけたのに、約束が果たされなかった事について問いただす意味で贈った歌です。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

後徳大寺左大臣(ごとくだいじさだいじん)

(上)
ほととぎす 鳴きつる方を ながむれば

(下)
ただありあけの 月ぞ残れる

西行法師(さいぎょうほうし)

(上)
嘆けとて 月やは物を 思はする

(下)
かこち顔なる わが涙かな

大中臣能宣朝臣(おおなかとみのよしのぶ)

(上)
みかきもり 衛士のたく火の 夜は燃えて

(下)
昼は消えつつ ものをこそ思へ

藤原実方朝臣(ふじわらのさねかたのあそん)

(上)
かくとだに えやはいぶきの さしも草

(下)
さしも知らじな 燃ゆる思ひを

参議等(さんぎひとし)

(上)
浅茅生の 小野の篠原 しのぶれど

(下)
あまりてなどか 人の恋しき

猿丸大夫(さるまるたゆう)

(上)
奥山に 紅葉ふみわけ 鳴く鹿の

(下)
声きくときぞ 秋はかなしき