ホーム > 71番~80番, は行の作者 > 法性寺入道前関白太政大臣
(ほっしょうじにゅうどうさきのかんぱくだいじょうだいじん)


法性寺入道前関白太政大臣
(ほっしょうじにゅうどうさきのかんぱくだいじょうだいじん)

法性寺入道前関白太政大臣<br>(ほっしょうじにゅうどうさきのかんぱくだいじょうだいじん)の画像

小倉百人一首 076番

(上)
わたの原 こぎ出でてみれば 久方の

(下)
雲ゐにまがふ 沖つ白波

▼音声

読み
わたのはら こぎいでてみれば ひさかたの
くもいにまがう おきつしらなみ


現代語訳

大海原に船を漕ぎ出して海を眺めてみると、雲だと思ってしまうほとに白い波が立っているよ。

解釈

空の雲と白波の境界線が分からないほど同化している風景の歌


作者とプロフィール

名前:法性寺入道前関白太政大臣(ほっしょうじにゅうどうさきのかんぱくだいじょうだいじん)
性別:男性
生没年:1097~1164年
関白忠実の長男で、藤原頼長の兄にあたり、名前は藤原忠道といいます。
政治界のトップに君臨した人物ですが、文化人で人柄にも優れた人であったようです。

雑学・豆知識

崇徳上皇がまだ天皇だった時に、「海を眺めた内容の歌を詠め」と言われ、詠んだ歌です。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

藤原実方朝臣(ふじわらのさねかたのあそん)

(上)
かくとだに えやはいぶきの さしも草

(下)
さしも知らじな 燃ゆる思ひを

源俊頼朝臣(みなもとのとしよりのあそん)

(上)
憂かりける 人を初瀬の 山おろしよ

(下)
はげしかれとは 祈らぬものを

寂連法師(じゃくれんほうし)

(上)
村雨の 露もまだひぬ まきの葉に

(下)
霧たちのぼる 秋の夕暮れ

法性寺入道前関白太政大臣
(ほっしょうじにゅうどうさきのかんぱくだいじょうだいじん)

(上)
わたの原 こぎ出でてみれば 久方の

(下)
雲ゐにまがふ 沖つ白波

従二位家隆(じゅにいいえたか)

(上)
風そよぐ ならの小川の 夕暮れは

(下)
みそぎぞ夏の しるしなりける

陽成院(ようぜいいん)

(上)
筑波嶺の みねより落つる みなの川

(下)
恋ぞつもりて 淵となりぬる