ホーム > 71番~80番, さ行の作者 > 崇徳院(すとくいん)


崇徳院(すとくいん)

崇徳院(すとくいん)の画像

小倉百人一首 077番

(上)
瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の

(下)
われても末に あはむとぞ思う

▼音声

読み
せをはやみ いわにせかるる たきがわの
われてもすえに あわんとぞおもう


現代語訳

流れの速い川は、水が岩によって二つに別れようとも最後にはまた一つに戻るように、私達もまた何処かで逢えるはずです。

解釈

仲を裂かれてもいずれは一緒になるだろうという恋の歌


作者とプロフィール

名前:崇徳院(すとくいん)
性別:男性
生没年:1119~1164年
75代天皇。
崇徳院は保元の乱により讃岐(香川県)に流されて、髪はのびほうだい、爪を切ることもなく、怒りに燃えた顔つきで一生を終えたと伝えられる。

雑学・豆知識

元歌は崇徳天皇本人が詠んだ「久安六年御百首」の「ゆきなやみ 岩にせかるる滝川の われても末にあはんとぞ思ふ」で、
「詞花集」に収録するにあたって改作したようです。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

小式部内侍(こしきぶのないし)

(上)
大江山 いく野の道の 遠ければ

(下)
まだふみも見ず 天の橋立

源宗于朝臣(みなもとのむねゆきのあそん)

(上)
山里は 冬ぞさびしさ まさりける

(下)
人目も草も かれぬと思へば

順徳院(じゅんとくいん)

(上)
百敷や ふるき軒端の しのぶにも

(下)
なほあまりある 昔なりけり

和泉式部(いずみしきぶ)

(上)
あらざらむ この世のほかの 思ひ出に

(下)
今ひとたびの 逢ふこともがな

西行法師(さいぎょうほうし)

(上)
嘆けとて 月やは物を 思はする

(下)
かこち顔なる わが涙かな

後京極摂政前太政大臣(ごきょうごくせっしょうさきのだいじょうだいじん)

(上)
きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに

(下)
衣かたしき ひとりかも寝む