ホーム > 71番~80番, さ行の作者 > 左京大夫顕輔(さきょうのだいぶあきすけ)


左京大夫顕輔(さきょうのだいぶあきすけ)

左京大夫顕輔(さきょうのだいぶあきすけ)の画像

小倉百人一首 079番

(上)
秋風に たびなく雲の たえ間より

(下)
もれ出づる月の かげのさやけさ

▼音声

読み
あきかぜに たびなくくもの たえまより
もれいずるつきの かげのさやけさ


現代語訳

秋風にたなびく雲の隙間から、漏れてくる月の明かりの澄み切った美しさよ。

解釈

秋の月夜の美しさを詠った歌。


作者とプロフィール

名前:左京大夫顕輔(さきょうのだいぶあきすけ)
性別:男性
生没年:1090~1155年
藤原顕子で、名前は藤原顕輔といいます。
近臣として昇進しますが、後に疎外され、天皇没後にまた政界に復帰しました。
「詞花集」の撰者で、顕輔の周りには優れた歌人が沢山いたそうです。
末っ子でしたが、歌の才能が認められ、藤原家の跡継ぎとなっています。

雑学・豆知識

この歌は、「崇徳院に百首の歌奉りけるに」とある中の一首になります。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

後京極摂政前太政大臣(ごきょうごくせっしょうさきのだいじょうだいじん)

(上)
きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに

(下)
衣かたしき ひとりかも寝む

右大将道綱母(うだいしょうみちつなのはは)

(上)
嘆きつつ ひとり寝る夜の 明くるまは

(下)
いかに久しき ものとかは知る

皇太后宮大夫俊成(こうたいごうぐうのだいぶしゅんぜい)

(上)
世の中よ 道こそなけれ 思ひける

(下)
山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる

伊勢(いせ)

(上)
難波潟 みじかき芦の ふしの間も

(下)
逢はでこの世を すぐしてよとや

小野小町(おののこまち)

(上)
花の色は 移りにけりな いたづらに

(下)
わが身世にふる ながめせし間に

清少納言(せいしょうなごん)

(上)
夜をこめて 鳥のそらねは はかるとも

(下)
よに逢坂の 関はゆるさじ