ホーム > 71番~80番, た行の作者 > 待賢門院堀川(たいけんもんいんのほりかわ)


待賢門院堀川(たいけんもんいんのほりかわ)

待賢門院堀川(たいけんもんいんのほりかわ)の画像

小倉百人一首 080番

(上)
長からむ 心も知らず 黒髪の

(下)
乱れてけさは 物をこそ思へ

▼音声

読み
ながからん こころもしらず くろかみを
みだれてけさは ものをこそおもえ


現代語訳

末永く心は変わることがないといいますが、人の心は移りやすいので、黒髪が寝乱れるように、私の心も乱れています。

解釈

初めて一夜を共にした朝の不安な思いの歌


作者とプロフィール

名前:待賢門院堀川(たいけんもんいんのほりかわ)
性別:女性
生没年:不詳
源顕仲の娘で、姉妹も有名な歌人です。
藤原忠通女房堀川と 同一人物ではないかという説がありましたが、現在では別人と考えられています。
待賢門院と通じ、西行とも親交があったようです。

雑学・豆知識

恋をテーマにした歌で、後朝の返歌として作られました。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

清少納言(せいしょうなごん)

(上)
夜をこめて 鳥のそらねは はかるとも

(下)
よに逢坂の 関はゆるさじ

入道前太政大臣(にゅうどうさきのだいじょうだいじん)

(上)
花さそふ 嵐の庭の 雪ならで

(下)
ふりゆくものは わが身なりけり

春道列樹(はるみちのつらき)

(上)
山川に 風のかけたる しがらみは

(下)
流れもあへぬ 紅葉なりけり

平兼盛(たいらのかねもり)

(上)
しのぶれど 色に出でにけり わが恋は

(下)
ものや思うと 人の問うまで

源重之(みなもとのしげゆき)

(上)
風をいたみ 岩うつ波の おのれのみ

(下)
くだけてものを 思うころかな

従二位家隆(じゅにいいえたか)

(上)
風そよぐ ならの小川の 夕暮れは

(下)
みそぎぞ夏の しるしなりける