ホーム > 81番~90番, た行の作者 > 道因法師(どういんほうし)


道因法師(どういんほうし)

道因法師(どういんほうし)の画像

小倉百人一首 082番

(上)
思ひわび さてもいのちは あるものを

(下)
憂きにたへぬは 涙なりけり

▼音声

読み
おもいさび さてもいのちは あるものを
うきにたえぬは なみだなりけり


現代語訳

つれない恋の辛さに思い悩んでいても、かろうじて命は繋がっているのに、涙は耐え切れずに流れ落ちてしまいます。

解釈

つれない恋の痛みの歌


作者とプロフィール

名前:道因法師(どういんほうし)
性別:男性
生没年:不詳
藤原清孝の子で、名前は藤原敦頼といいます。
歌道に熱心で、八十歳になっても「秀歌が詠えますように」と住吉明神に徒歩でお参りし、九十歳を越え耳が遠くなっていても歌会に出席し、
講師の話に熱心に耳を傾けていました。

雑学・豆知識

この歌は、「失恋の歌」と「片思いの歌」の二つの解釈があるようです。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

参議篁(さんぎたかむら)

(上)
わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと

(下)
人には告げよ 海人のつり舟

坂上是則(さかのうえのこれのり)

(上)
朝ぼらけ 有明の月と みるまでに

(下)
吉野の里に ふれる白雪

春道列樹(はるみちのつらき)

(上)
山川に 風のかけたる しがらみは

(下)
流れもあへぬ 紅葉なりけり

小野小町(おののこまち)

(上)
花の色は 移りにけりな いたづらに

(下)
わが身世にふる ながめせし間に

源俊頼朝臣(みなもとのとしよりのあそん)

(上)
憂かりける 人を初瀬の 山おろしよ

(下)
はげしかれとは 祈らぬものを

安部仲麿(あべのなかまろ)

(上)天の原 ふりさけ見れば 春日なる

(下)三笠の山に 出でし月かも