ホーム > 81番~90番, か行の作者 > 皇太后宮大夫俊成(こうたいごうぐうのだいぶしゅんぜい)


皇太后宮大夫俊成(こうたいごうぐうのだいぶしゅんぜい)

皇太后宮大夫俊成(こうたいごうぐうのだいぶしゅんぜい)の画像

小倉百人一首 083番

(上)
世の中よ 道こそなけれ 思ひける

(下)
山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる

▼音声

読み
よのなかよ みちこそなけれ おもいいる
やまのおくにも しかぞなくなる


現代語訳

世の中という道から逃れる道は、存在しないと思いましょう。
こんな山奥でも鹿が悲しげに鳴いている。

解釈

世の中の苦しみから逃げる手立てはないという悲しさの歌


作者とプロフィール

名前:皇太后宮大夫俊成(こうたいごうぐうのだいぶしゅんぜい)
性別:男性
生没年:1114~1204年
藤原俊忠の子で、名前は藤原俊成といい、この百人一首を作った藤原定家は子にあたります。
藤原俊成が歌を詠むときは、常に古い着物を着て正座をし、桐の火鉢を抱きながら詠んでいたそうです。

雑学・豆知識

藤原俊成が27歳になった節目として詠んだ歌です。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

式子内親王(しょくしないしんのう)

(上)
玉のをよ たえなばたえね ながらへば

(下)
忍ぶることの 弱りもぞする

二条院讃岐(にじょういんのさぬき)

(上)
わが袖は 潮干に見えぬ 沖の石の

(下)
人こそ知らね 乾くまもなし

前大僧正慈円(さきのだいそうじょうじえん)

(上)
おほけなく うき世の民に おほふかな

(下)
わが立つ杣に すみぞめの袖

良暹法師(りょうぜんほうし)

(上)
さびしさに 宿をたち出でて ながむれば

(下)
いづこも同じ 秋の夕暮れ

藤原義孝(ふじわらのよしたか)

(上)
君がため 惜しからざりし 命さえ

(下)
長くもがなと 思いけるかな

貞信公(ていしんこう)

(上)
小倉山 峰のもみぢ葉 こころあらば

(下)
今ひとたびの みゆき待たなむ