ホーム > 81番~90番, さ行の作者 > 西行法師(さいぎょうほうし)


西行法師(さいぎょうほうし)

西行法師(さいぎょうほうし)の画像

小倉百人一首 086番

(上)
嘆けとて 月やは物を 思はする

(下)
かこち顔なる わが涙かな

▼音声

読み
なげけとて つきやはものを おもわする
かこちがおなる わがなみだかな


現代語訳

嘆けといって月が私に物思いをさせている訳ではありませんが、月の為のようにうらめしい顔で出る私の涙。

解釈

思い悩み、月を見るだけでも涙がこぼれてしまう心境を詠った歌


作者とプロフィール

名前:西行法師(さいぎょうほうし)
性別:男性
生没年:1118~1190年
佐藤康清の子で、名前は佐藤義清といいます。
鳥羽院に使えていましたが、23歳で剃髪し、妻をおいて出家しました。
その後、あちこちに足を伸ばし、旅の歌を多く残しています。

雑学・豆知識

「月前恋と、いへる心を詠める」の題で詠んだ歌です。
歌の中の「かおちがほなる」は、「恋しく・恨めしく・なつかしく」の3つの意味を兼ねています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

左京大夫道雅(さきょうだいぶみちまさ)

(上)
今はただ 思ひ絶えなむ とばかりを

(下)
人づてならで 言ふよしもがな

源宗于朝臣(みなもとのむねゆきのあそん)

(上)
山里は 冬ぞさびしさ まさりける

(下)
人目も草も かれぬと思へば

二条院讃岐(にじょういんのさぬき)

(上)
わが袖は 潮干に見えぬ 沖の石の

(下)
人こそ知らね 乾くまもなし

式子内親王(しょくしないしんのう)

(上)
玉のをよ たえなばたえね ながらへば

(下)
忍ぶることの 弱りもぞする

中納言朝忠(ちゅうなごんあさただ)

(上)
逢うことの 絶えてしなくは なかなかに

(下)
人をも身をも 恨みざらまし

藤原実方朝臣(ふじわらのさねかたのあそん)

(上)
かくとだに えやはいぶきの さしも草

(下)
さしも知らじな 燃ゆる思ひを