ホーム > 81番~90番, か行の作者 > 皇嘉門院別当(こうかもんいんのべっとう)


皇嘉門院別当(こうかもんいんのべっとう)

皇嘉門院別当(こうかもんいんのべっとう)の画像

小倉百人一首 088番

(上)
難波江の 葦のかりねの ひとよゆゑ

(下)
みをつくしてや 恋ひわたるべき

▼音声

読み
なにわえの あしのかりねの ひとよゆえ
みをつくしてや こいわたるべき


現代語訳

難波江の短い一節の芦のように、短い夜の出来事を、身を尽くすように恋しく思わなければいけないのでしょうか。

解釈

旅先の一夜かぎりの恋を、一途に思う女性の歌


作者とプロフィール

名前:皇嘉門院別当(こうかもんいんのべっとう)
性別:女性
生没年:不詳
源俊隆の娘で、本名・生没年は不詳です。
皇嘉門院聖子に別当役として仕えており、晩期には尼となりますが、その他の事は殆ど分かっていません。

雑学・豆知識

貴族の女性が、このような一夜限りの契りをすることは無かったのではないかという考えから、この歌は遊女の立場になって詠んだ歌ではないかという説もあります。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

入道前太政大臣(にゅうどうさきのだいじょうだいじん)

(上)
花さそふ 嵐の庭の 雪ならで

(下)
ふりゆくものは わが身なりけり

藤原実方朝臣(ふじわらのさねかたのあそん)

(上)
かくとだに えやはいぶきの さしも草

(下)
さしも知らじな 燃ゆる思ひを

殷富門院大輔(いんぶもんいんのたいふ)

(上)
見せやばな 雄島のあまの 袖だにも

(下)
濡れにぞ濡れし 色は変はらず

菅家(かんけ)

(上)
このたびは 幣もとりあえず 手向山

(下)
紅葉の錦 神のまにまに

小式部内侍(こしきぶのないし)

(上)
大江山 いく野の道の 遠ければ

(下)
まだふみも見ず 天の橋立

安部仲麿(あべのなかまろ)

(上)天の原 ふりさけ見れば 春日なる

(下)三笠の山に 出でし月かも