ホーム > 81番~90番, さ行の作者 > 式子内親王(しょくしないしんのう)


式子内親王(しょくしないしんのう)

式子内親王(しょくしないしんのう)の画像

小倉百人一首 089番

(上)
玉のをよ たえなばたえね ながらへば

(下)
忍ぶることの 弱りもぞする

▼音声

読み
たまのおよ たえなばたえね ながらえば
しのぶることの よわりもぞする


現代語訳

私の魂よ、絶えるなら絶えてしまえ。
このまま生きていると、耐え忍ぶ気持ちが弱まり、耐えることが出来なくなってしまうから。

解釈

人目を忍ぶ恋に耐え切れない恋の歌


作者とプロフィール

名前:式子内親王(しょくしないしんのう)
性別:男性
生没年:?~1201年
新古今を代表する女流歌人です。
6歳頃から賀茂の齋院となり、16歳の時に病の為、職を離れます。
その後は尼となり、一生独身で過ごしました。

雑学・豆知識

藤原定家に贈ったのではないかと思われる歌ですが、恋愛に入る前にこの歌を送り、断りの手紙だと解釈した定家は、恋を告げずに諦めたという説があります。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

順徳院(じゅんとくいん)

(上)
百敷や ふるき軒端の しのぶにも

(下)
なほあまりある 昔なりけり

藤原実方朝臣(ふじわらのさねかたのあそん)

(上)
かくとだに えやはいぶきの さしも草

(下)
さしも知らじな 燃ゆる思ひを

清原深養父(きよはらのふかやぶ)

(上)
夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを

(下)
雲のいずこに 月やどるらむ

権中納言定家(ごんちゅうなごんていか)

(上)
こぬ人を まつほの浦の 夕なぎに

(下)
焼くやもしほの 身もこがれつつ

小野小町(おののこまち)

(上)
花の色は 移りにけりな いたづらに

(下)
わが身世にふる ながめせし間に

儀同三司母(ぎどうさんしのはは)

(上)
忘れじの 行く末までは かたければ

(下)
今日かぎりの 命ともがな