ホーム > 81番~90番, あ行の作者 > 殷富門院大輔(いんぶもんいんのたいふ)


殷富門院大輔(いんぶもんいんのたいふ)

殷富門院大輔(いんぶもんいんのたいふ)の画像

小倉百人一首 090番

(上)
見せやばな 雄島のあまの 袖だにも

(下)
濡れにぞ濡れし 色は変はらず

▼音声

読み
みせばやな おじまのあまの そでだにも
ぬれにぞぬれし いろはかわらず


現代語訳

涙で色が変わってしまった袖をあの人に見せたいものです。
小島の漁師の袖さえも、あんなにも波で濡れていても色は変わらないのに・・・。

解釈

つれない相手を嘆き、訴える恋の歌


作者とプロフィール

名前:殷富門院大輔(いんぶもんいんのたいふ)
性別:女性
生没年:不詳
藤原信成の娘で、後白河上皇皇女の亮子内親王に仕えていました。
また、藤原定家・寂連法師・西行法師・源頼政などの多くの歌人と交際をもっており、当時を代表する歌人でした。

雑学・豆知識

実際の恋愛の際に詠んだ歌ではなく、歌会の時に発表した歌です。

雄島は仙台湾の松島群島の一つ。松島海岸駅から徒歩5分にあります。
[map_tb:宮城県宮城郡松島町松島]


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

伊勢(いせ)

(上)
難波潟 みじかき芦の ふしの間も

(下)
逢はでこの世を すぐしてよとや

喜撰法師(きせんほうし)

(上)
わが庵は 都のたつみ しかぞすむ

(下)
世をうぢ山と ひとはいふなり

祐子内親王家紀伊(ゆうしないしんのうけのきい)

(上)
音にきく たかしの浜の あだ波は

(下)
かけじや袖の ぬれもこそすれ

権中納言匡房(ごんちゅうなごんまさふさ)

(上)
高砂の をのへの桜 咲きにけり

(下)
外山のかすみ 立たずもあらなむ

猿丸大夫(さるまるたゆう)

(上)
奥山に 紅葉ふみわけ 鳴く鹿の

(下)
声きくときぞ 秋はかなしき

曽禰好忠(そねのよしただ)

(上)
由良のとを 渡る船人 かじをたえ

(下)
行くえも知らぬ 恋の道かな