ホーム > 91番~100番, か行の作者 > 鎌倉右大臣(かまくらのうだいじん)


鎌倉右大臣(かまくらのうだいじん)

鎌倉右大臣(かまくらのうだいじん)の画像

小倉百人一首 093番

(上)
世の中は つねにもがもな 渚こぐ

(下)
あまの小舟の 綱手かなしも

▼音声

読み
よのなかは つねにもがもな なぎさこぐ
あまのおぶねの つなでかなしも


現代語訳

世の中は常に変わらないものであって欲しいと願います。
渚を漕いでいく漁師が、小船に網をつけて引く様子のような、のどかな景色のように。

解釈

漁師の生活する姿を見て、世の中の移り変わりを重んじる歌


作者とプロフィール

名前:鎌倉右大臣(かまくらのうだいじん)
性別:男性
生没年:1192~1219年
鎌倉幕府3代将軍で、名前は源常朝といい、急死した兄の後を継ぐ形で、弱冠12歳で将軍になります。
鎌倉に住みながらも京都に憧れを抱いており、蹴鞠や和歌を好む、風流を重んじる人物でした。

雑学・豆知識

この歌は、元歌を改良してよりよい歌にするという、「本歌取り」です。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

持統天皇(じとうてんのう)

(上)
春すぎて 夏来にけらし 白たへの

(下)
衣ほすてふ 天のかぐ山

藤原興風(ふじわらのおきかぜ)

(上)
誰をかも 知る人にせむ 高砂の

(下)
松も昔の 友ならなくに

藤原道信朝臣(ふじわらのみちのぶあそん)

(上)
明けぬれば 暮るるものとは 知りながら

(下)
なほうらめしき 朝ぼらけかな

前大僧正行尊(さきのだいそうじょうぎょうそん)

(上)
もろともに あはれと思へ 山桜

(下)
花よりほかに 知る人もなし

壬生忠岑(みぶのただみね)

(上)
有明の つれなく見えし 別れより

(下)
あかつきばかり 憂きものはなし

待賢門院堀川(たいけんもんいんのほりかわ)

(上)
長からむ 心も知らず 黒髪の

(下)
乱れてけさは 物をこそ思へ