ホーム > 91番~100番, さ行の作者 > 参議雅経(さんぎまさつね)


参議雅経(さんぎまさつね)

参議雅経(さんぎまさつね)の画像

小倉百人一首 094番

(上)
み吉野の 山の秋風 さ夜ふけて

(下)
ふるさと寒く 衣うつなり

▼音声

読み
みよしのの やまのあきかぜ さよふけて
ふるさとさむく ころもうつなり


現代語訳

吉野の山に吹く秋風が夜明けに吹いて、古い時代に都があったこの吉野は寒く、衣の準備をしている音が聞こえてきます。

解釈

音が身にしみるほど寒い、秋の夜の寂しさを詠う歌


作者とプロフィール

名前:参議雅経(さんぎまさつね)
性別:男性
生没年:1170~1221年
藤原頼経の子で、名前は藤原雅経といいます。
「新古今集」の撰者の一人ですが、蹴鞠の名人でもあり、飛鳥井流という流派があるほどです。

雑学・豆知識

歌の中の「衣うつなり」とは、衣の生地を木槌などで打ち、艶を出す手法です。
この道具を砧(きぬた)と呼びますが、この音から寂しさを連想するのは、漢詩の影響によるものだといわれているようです。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

文屋康秀(ふんやのやすひで)

(上)
吹くからに 秋の草木の しをるれば

(下)
むべ山風を 嵐といふらむ

紫式部(むらさきしきぶ)

(上)
めぐりあひて 見しやそれとも 分かぬまに

(下)
雲がくれにし 夜半の月かな

左京大夫顕輔(さきょうのだいぶあきすけ)

(上)
秋風に たびなく雲の たえ間より

(下)
もれ出づる月の かげのさやけさ

法性寺入道前関白太政大臣
(ほっしょうじにゅうどうさきのかんぱくだいじょうだいじん)

(上)
わたの原 こぎ出でてみれば 久方の

(下)
雲ゐにまがふ 沖つ白波

道因法師(どういんほうし)

(上)
思ひわび さてもいのちは あるものを

(下)
憂きにたへぬは 涙なりけり

壬生忠岑(みぶのただみね)

(上)
有明の つれなく見えし 別れより

(下)
あかつきばかり 憂きものはなし