ホーム > 91番~100番, な行の作者 > 入道前太政大臣(にゅうどうさきのだいじょうだいじん)


入道前太政大臣(にゅうどうさきのだいじょうだいじん)

入道前太政大臣(にゅうどうさきのだいじょうだいじん)の画像

小倉百人一首 096番

(上)
花さそふ 嵐の庭の 雪ならで

(下)
ふりゆくものは わが身なりけり

▼音声

読み
はなさそう あらしのにわの ゆきならで
ふりゆくものは わがみなりけり


現代語訳

花を散らす風が吹く庭で、雪のように花が散っているが、降るのは花ではなく、古くなる自分なのです。

解釈

落ちる桜の花びらと自分を重ね合わせ、老いを嘆く歌


作者とプロフィール

名前:入道前太政大臣(にゅうどうさきのだいじょうだいじん)
性別:男性
生没年:1171~1244年
藤原実宗の子で、名前は藤原公経、又は西園寺公経ともいわれています。
妻が源頼朝と縁が深く、鎌倉幕府と深い繋がりを持っていた事から、大きな権力を持っていました。
また、和歌だけでなく、琵琶の才能ももっており、文化人として活躍しました。

雑学・豆知識

「落花をよみ侍りける」の題で詠んだ歌です。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

権中納言匡房(ごんちゅうなごんまさふさ)

(上)
高砂の をのへの桜 咲きにけり

(下)
外山のかすみ 立たずもあらなむ

藤原興風(ふじわらのおきかぜ)

(上)
誰をかも 知る人にせむ 高砂の

(下)
松も昔の 友ならなくに

藤原敏行朝臣(ふじわらのとしゆきあそん)

(上)
住の江の 岸に寄る波 よるさへや

(下)
夢の通ひ路 人目よくらむ

坂上是則(さかのうえのこれのり)

(上)
朝ぼらけ 有明の月と みるまでに

(下)
吉野の里に ふれる白雪

中納言行平(ちゅうなごんゆきひら)

(上)
たち別れ いなばの山の 峰に生ふる

(下)
まつとし聞かば いま帰り来む

天智天皇(てんじてんのう)

(上)
秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ

(下)
わが衣手は 露にぬれつつ