ホーム > 91番~100番, さ行の作者 > 従二位家隆(じゅにいいえたか)


従二位家隆(じゅにいいえたか)

従二位家隆(じゅにいいえたか)の画像

小倉百人一首 098番

(上)
風そよぐ ならの小川の 夕暮れは

(下)
みそぎぞ夏の しるしなりける

▼音声

読み
かぜそよぐ ならのおがわの ゆうぐれは
みそぎぞなつの しるしなりける


現代語訳

風がそよいでる楢の小川の夕暮れ時の景色は、みそぎ祓いだけが夏だと思わせる印なのです。

解釈

秋に変わりつつある、夏の終わりの景色の歌


作者とプロフィール

名前:従二位家隆(じゅにいいえたか)
性別:男性
生没年:1158~1237年
藤原光隆の子で、名前は藤原家隆といい、「新古今集」の選者の一人です。
歌を愛し、生涯にわたって詠んだ歌は、なんと6万首にも及びます。
後鳥羽上皇に大変信頼され、晩年に出家した後でも連絡を取り合っていたほどです。

雑学・豆知識

この歌は、藤原道家の娘の嫁入り道具となった屏風に書かれた歌です。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

山部赤人(やまべのあかひと)

(上)
田子の浦に うち出でてみれば 白妙の

(下)
富士の高嶺に 雪は降りつつ

大江千里(おおえのちさと)

(上)
月見れば ちぢにものこそ 悲しけれ

(下)
わが身一つの 秋にはあらねど

小野小町(おののこまち)

(上)
花の色は 移りにけりな いたづらに

(下)
わが身世にふる ながめせし間に

西行法師(さいぎょうほうし)

(上)
嘆けとて 月やは物を 思はする

(下)
かこち顔なる わが涙かな

藤原義孝(ふじわらのよしたか)

(上)
君がため 惜しからざりし 命さえ

(下)
長くもがなと 思いけるかな

右近(うこん)

(上)
忘れらるる 身をば思わず 誓いてし

(下)
人の命の 惜しくもあるかな