ホーム > 91番~100番, か行の作者 > 後鳥羽院(ごとばのいん)


後鳥羽院(ごとばのいん)

後鳥羽院(ごとばのいん)の画像

小倉百人一首 099番

(上)
人も惜し 人も恨めし あぢきなく

(下)
世を思ふゆゑに 物思ふ身は

▼音声

読み
ひともおし ひともうらめし あじきなく
よをおもうゆえに ものおもうみは


現代語訳

人のことをいとおしく感じるときもあるし、恨めしく感じるときもある。
世の中を面白くないと考える私にとっては。

解釈

人間に対する愛憎が交差する思いを伝えた歌


作者とプロフィール

名前:後鳥羽院(ごとばのいん)
性別:男性
生没年:1180~1239年
82代天皇で、怨霊の噂の為、顕徳院から後鳥羽院に改名しました。
和歌所を再興させて、「新古今和歌集」を撰上させたり、「千五百番歌合」など大規模な歌会を催して、和歌を盛んにさせる行動に取り組みました。
また、和歌以外にも、武芸、笛、蹴鞠、水泳、相撲、琵琶、有職故実、流鏑馬、競馬、犬追物、鷹狩、囲碁、双六など、実に多数の趣味に取り組んでいたようです。

雑学・豆知識

百人一首の原型の「百人秀歌」には、実はこの歌は記載されておらず、後から手を加えて入れられたものだといわれています。

承久の乱でやぶれた後鳥羽院が島流しにされた隠岐の島


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)

(上)
あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の

(下)
ながながし夜を ひとりかも寝む

良暹法師(りょうぜんほうし)

(上)
さびしさに 宿をたち出でて ながむれば

(下)
いづこも同じ 秋の夕暮れ

山部赤人(やまべのあかひと)

(上)
田子の浦に うち出でてみれば 白妙の

(下)
富士の高嶺に 雪は降りつつ

喜撰法師(きせんほうし)

(上)
わが庵は 都のたつみ しかぞすむ

(下)
世をうぢ山と ひとはいふなり

春道列樹(はるみちのつらき)

(上)
山川に 風のかけたる しがらみは

(下)
流れもあへぬ 紅葉なりけり

参議雅経(さんぎまさつね)

(上)
み吉野の 山の秋風 さ夜ふけて

(下)
ふるさと寒く 衣うつなり