ホーム > 91番~100番, さ行の作者 > 順徳院(じゅんとくいん)


順徳院(じゅんとくいん)

順徳院(じゅんとくいん)の画像

小倉百人一首 100番

(上)
百敷や ふるき軒端の しのぶにも

(下)
なほあまりある 昔なりけり

▼音声

読み
ももしきや ふるきのきばの しのぶにも
なおあまりある むかしなりけり


現代語訳

宮中の古い建物の軒下にこっそり生えている草を見ると、もっと栄えていた時期もあったのになぁと思い出します。

解釈

栄えていた昔の御代を懐かしむ、哀愁の歌


作者とプロフィール

名前:順徳院(じゅんとくいん)
性別:男性
生没年:1197~1242年
84代天皇で、15歳で天皇に即位しましたが、25歳で息子に譲位しました。
政治より歌や音楽の世界を好む文化人で、「八雲御紗」の作者でもあります。

雑学・豆知識

20歳の頃に詠んだ歌です。
当時、朝廷は幕府側に押されぎみであったため、宮殿の整備もままならない状態で、それを嘆く歌だといわれています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

藤原道信朝臣(ふじわらのみちのぶあそん)

(上)
明けぬれば 暮るるものとは 知りながら

(下)
なほうらめしき 朝ぼらけかな

曽禰好忠(そねのよしただ)

(上)
由良のとを 渡る船人 かじをたえ

(下)
行くえも知らぬ 恋の道かな

従二位家隆(じゅにいいえたか)

(上)
風そよぐ ならの小川の 夕暮れは

(下)
みそぎぞ夏の しるしなりける

赤染衛門(あかぞめえもん)

(上)
やすらはで 寝なましものを さ夜更けて

(下)
かたぶくまでの 月を見しかな

儀同三司母(ぎどうさんしのはは)

(上)
忘れじの 行く末までは かたければ

(下)
今日かぎりの 命ともがな

三条右大臣(さんじょうのうだいじん)

(上)
名にし負はば 逢坂山の さねかづら

(下)
人に知られで くるよしもがな